行政書士とは?

笠原真美子写真行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者です。

毎年11月に実施される試験に合格し、日本行政書士会連合会の名簿に登録すると行政書士になることができます。
マンガ「カバチタレ!」で一躍有名になった資格なので、一度は耳にしたことがある方も多いかと思います。

他に法律系の資格として、弁護士や司法書士などがあります。

行政書士の仕事とは?

クライアントから依頼をされ、報酬を得て、官公署(※)に提出する許認可等の申請書類を作成し、提出手続を代理します。遺産分割協議書や遺言書などの権利義務の書類や事実証明に関する書類や契約書を作成するのも行政書士の仕事です。
※官公署:各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署等のことです

①官公署に提出する書類の作成とその提出手続代理、相談業務

官公署書類イメージ画像行政書士の仕事として、「官公署(各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署等)への提出書類を作成し、その内容の相談を受け、その提出手続を代理すること」が挙げられます。

官公署に提出する書類は、各種許認可に関するものが非常に多いです。

②権利義務に関する書類の作成とその代理、相談業務

権利義務に関する書類を作成(※)し、その相談に応じることも行政書士の仕事です。
※代理人としての作成を含む

契約書イメージ画像権利義務に関する書類の例:各種契約書(贈与、売買、交換、消費貸借、使用貸借、賃貸借、雇傭、請負、委任、寄託、組合、終身定期金、和解)をはじめ内容証明、念書、示談書、協議書、告訴状、告発状、嘆願書、請願書、陳情書、定款、遺産分割協議書等があります。

③事実証明に関する書類の作成とその代理、相談業務

事実証明に関する書類を作成(※)し、その相談を受けることも行政書士の仕事です。
※代理人としての作成を含む

事実証明に関する書類の例:、各種議事録、会計帳簿、貸借対照表、損益計算書等の財務諸表、実地調査に基づく図面(位置図、案内図、現況測量図等)等があります。