在留資格「介護」創設の改正入管法、9月1日に施行決定

出入国管理及び難民認定法の改正法を9月1日に施行

笠原真美子の画像在留資格「介護」(介護ビザ)が創設されるとのことで話題になっている、昨年11月28日に公布された「出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律」、通称「改正入管法」が今年9月1日に施行するとの発表がありました。

前回の投稿で施行日は未定と記載しておりましたがついに決定しました!)

現状、特例措置として「特定活動」(告示外)の在留資格で介護又は介護の指導を行う業務で滞在中の方についての対応はまだ発表されていませんので、分かり次第こちらのホームページで掲載いたします。
(もちろん9/1から介護の在留資格に変更可能になるのですが、変更の受付自体はその前から開始されるとみられています)

この特定活動(告示外)についての詳細は法務省HPへ→http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri07_00119.html

Written by M&Associates行政書士事務所 代表行政書士 笠原真美子/Immigration Lawyer Mamiko Kasahara