在留資格「介護」は6月1日から申請可能に!

在留資格「介護」(介護ビザ)事前申請受付は6/1~

官報号外前回の投稿で在留資格「介護」創設の改正入管法が9月1日に施行決定とお伝えしましたが、事前申請については6月1日から受付開始になる旨、官報に掲載がありました!
(←官報)

これにより、既に日本の介護福祉士養成施設を卒業した上で介護福祉士の資格を取得済の方は、6/1から認定の申請が可能となります。

現在も特例措置が適用されていますので、介護福祉士養成施設等を卒業する外国人、既に介護福祉士養成施設等を卒業した外国人の方が、介護又は介護の指導を行う業務(つまり在留資格「介護」に当たる活動)を予定し 在留資格変更許可申請又は上陸申請をした場合には、在留資格「特定活動」(告示外)が許可され、その方は介護福祉士として就労が認められます。
特例措置詳細については法務省HPへ。

Written by M&Associates行政書士事務所 代表行政書士 笠原真美子/Immigration Lawyer Mamiko Kasahara